点数計算

基本規則

1. 和了者だけが得点を計算し、「得点授受法」に従って他の三家から得点をもらう。

2. 44の「役」(中国語では「和種」)は下記で、 和了の手が役の条件を満たせば、役の得点を得る。 和底などはなく、役の点数がそのまま手の得点になる。

3. 役は種類と系列に分かれる。役の番号の一番目の数字は役の種類を表し、 二番目の数字は(その種類内の)系列を表す。 例えば 3.3 は「字牌類」の「四喜系列」を表す。

4. 複合役加算規則﹕手が複数の役の条件を満たした場合、 基本的にそれぞれの役の得点を加算法で合計し、手の得点を割り出す。 (「翻」の掛け算はしない。) ただし同じ系列の役は一個のみを一度だけ数えられる。 (3.1の翻牌は例外で、翻牌の刻子は一つにつき10点加算できる。) 異なる系列の役は例外なく複合できる。 例えば「四暗刻」の手は必ず「門前清」と「対々和」も含まれるので、 必ず 125+5+30=160 点以上になる。

5. 翻縛りなし﹕本年度より導入される新しい競技システムでは、 「役なしの和り」の利益(また、それが及ぼす相手の被害)が大分抑えられる。 これによって翻縛りの必要性が無くなり、「役なしの和り」を認めることにする。 そのような手は1点の和りとする。ただし、この1点とは形だけの点数で、ほぼゼロと変わらないことを念頭において下さい。

6. 満貫﹕320点で「満貫」になる。 複数の(320点未満の)役で合計320点以上の場合は「数え満貫」と呼び、320点の手とする。 320点以上と記される(単一の)役を達成した場合は「役満貫」と呼び、 手の一番高い役のみ(一つの役だけ)数えられる。

7. 門前インフレなし﹕ほとんどの役は門前に限定されることなく、 鳴いても役の点数は減らない。

8. 「自由数和」などの細かいルールについては、別章「麻雀ルール」の「得点計算」の 節を参照。

得点授受法

1. 固定収入原則﹕和了者の総計収入は手役の内容のみで決定され、 自摸でもロン和でも総計収入は変わらなく、常に手役の点数の3倍とする。 (自摸により得点が跳ね上がることはない。) この「得点授受法」は、その固定な得点を三家がどの比率で払うかを規定する。

2. 自摸で各家払い﹕自摸和の場合、責任者はないものとする。 責任者がいない場合は各家払いで、各家は手役の点数の1倍を払う。

3. 高い手は放銃者の責任﹕ロン和の場合、通常は放銃者が 責任者になる。 30点を標準点とし、30点以下の小さい手は責任者に関係なく各家払いで、 各家は手役の点数の1倍を払う。 30点以上の高い手では、まず各家が30点を払い、責任者は残り分を全部払う。 例えば70点の手では、他の二家が30点ずつ払い、責任者は残り分の150点を払って、 和了者は合計210点(70点の3倍)の収入を得る。

4. 同巡内免責規定﹕ロン和のとき、和了者の最後の捨牌か ら (その捨牌を含む)放銃まで、他家が和了牌と同じ牌(いわゆる「現物」のみ) を先に捨てた場合、放銃者は責任者にはならない。 和了者の最後の捨牌がその牌ならば、責任者はいないものとし、 自摸和と同じく各家払いとする。 それ以外ならば、同巡内(和了者の最後の捨牌の後)に最初にその牌を 捨てた者が責任者となる。

「中庸」の役

44の役は10種類に分かれる。

1.0 門斷平

1.1 平和 :5点

手に順子四つで、刻子/槓子は無い。

(雀頭、待ち型、門前は不問。)

1.2 門前清 :5点

和るまでチー、ポン、明槓をしない、基本和了形の手。ロン和、暗槓は可。

1.3 断么九 :5点

手は中張数牌(2~8)のみで構成され、么九も字牌も無い。

2.0 一色類

2.1.1 混一色 :40点

手は一色の数牌と字牌のみで構成される。

2.1.2 清一色 :90点

手は一色の数牌のみで構成される。

2.2 九蓮宝灯 :480点

九面待ちの手。手の中に一色の「1112345678999」 を持っていて、最後にその一色のどれかの牌で和る。

(「九蓮宝灯自摸規則」にも参照。)

3.0 字牌類

3.1 翻牌 :一組ごと10点

門風(自風)、三元牌の刻子/槓子。

注意:場風を認めない。

3.2.1 小三元 :40点

三元牌の刻子/槓子二つに三元牌の雀頭。

例:whitewhitewhiteredredredgreengreen(雀頭)

(三元牌の刻子×2も数えられるので、必ず 40+10+10=60 点以上になる。)

3.2.2 大三元 :130点

三元牌の刻子/槓子三つ。
whitewhitewhitegreengreengreenredredred

(三元牌の刻子×3も数えられるので、必ず 130+10+10+10=160 点以上になる。)

3.3.1 小三風 :30点

風牌の刻子/槓子二つに風牌の雀頭。

例:westwestwestnorthnorthnortheasteast(雀頭)

3.3.2 大三風 :120点

風牌の刻子/槓子三つ。

例:easteasteastsouthsouthsouthnorthnorthnorth
3.3.3 小四喜 :320点
風牌の刻子/槓子三つに風牌の雀頭。
例:easteasteastwestwestwestnorthnorthnorthsouthsouth(雀頭)
3.3.4 大四喜 :400点

風牌の刻子/槓子四つ。
easteasteasteastsouthsouthsouthwestwestwestnorthnorthnorth

3.4 字一色 :320点

手は字牌のみで構成される。

4.0 刻槓類

(暗刻の定義は日本の麻雀におけるそれと同じである。)

4.1 対々和 :30点

手に刻子/槓子四つで、順子は無い。

4.2.1 二暗刻 :5点

手には暗刻/暗槓が二つ含まれる。

4.2.2 三暗刻 :30点

手には暗刻/暗槓が三つ含まれる。

4.2.3 四暗刻 :125点

手には暗刻/暗槓が四つ含まれる。

4.3.1 一槓子 :5点

手には槓子が一つ含まれる。 (明槓、暗槓は不問。以下同。)

4.3.2 二槓子 :20点

手には槓子が二つ含まれる。

4.3.3 三槓子 :120点

手には槓子が三つ含まれる。

4.3.4 四槓子 :480点

手には槓子が四つ含まれる。

5.0 一色同順類

(注意:一盃口などは門前に限定されることはない。)

5.1.1一盃口:10点

一色で同じ数の順子二つ。 (当て字で「一盃口」と書かれる。)

例:d3d4d5d3d4d5

5.1.2ニ盃口:60点

手に「一盃口」を二セット含む。

例:d3d4d5d3d4d5c7c8c9c7c8c9

5.1.3 一色三同順 :120点

一色で同じ数の順子三つ。

例:d3d4d5d3d4d5d3d4d5

5.1.4 一色四同順 :480点

一色で同じ数の順子四つ。

例:d3d4d5d3d4d5d3d4d5d3d4d5

6.0 三色類

「三色」と言うので、三色揃わないと認めない。

6.1 三色同順 :35点

三色で同じ数の順子三つ。

例:d3d4d5b3b4b5

6.2.1 三色小同刻 :30点

三色で同じ数の刻子/槓子二つと雀頭。

例:d4d4d4c4c4c4b4b4(雀頭)

6.2.2 三色同刻 :120点

三色で同じ数の刻子/槓子三つ。

例:d4d4d4c4c4c4b4b4b4

7.0 連続類

7.1 一気通貫 :40点

一色の「123」「456」「789」の三つの順子。

例:c1c2c3c4c5c6c7c8c9

7.2.1 三連刻 :100点

一色で三つの連続した数の刻子/槓子。

例:c4c4c4c5c5c5c6c6c6c7c7c7

7.2.2 四連刻 :200点

一色で四つの連続した数の刻子/槓子。

例:c4c4c4c5c5c5c6c6c6c7c7c7

8.0 么九類

8.1.1 混全帯么 :40点

4組の牌と雀頭それぞれに么九牌或いは字牌が含まれる。 (略して「チャンタ」と読まれる。)

例:b1b1b1c1c2c3d7d8d9redredredc9c9

8.1.2 純全帯么 :50点

4組の牌と雀頭それぞれに么九数牌が含まれる。

例:b1b2b3c1c1c1c7c8c9d9d9d9b1b1

8.1.3 混么九 :100点

即ち「混老頭」。么九牌と字牌のみで構成される「対々和」或いは「七対子」の手。 (「十三么九」の手は対象外。)

例:b9b9b9c1c1c1westwestwestgreengreengreend1d1

8.1.4 清么九 :400点

即ち「清老頭」。手は么九数牌のみで構成される。

例:b1b1b1c9c9c9d1d1d1d9d9d9b9b9

9.0 偶然類

珍しい和り方でラッキーボーナス。

9.1.1 海底撈月 :10点

「海底牌」(牌山の最後の自摸牌)で和る。

9.1.2 河底撈魚 :10点

「河底牌」(海底牌を引いた人の最後の捨牌)でロン和。

9.2 嶺上開花 :10点

「嶺上牌」(槓した時で引く牌)で自摸和。

(嶺上牌は海底牌でもある場合、両方も数えられる。)

9.3 搶槓 :10点

「搶槓」(他家が「小明槓」した時、その槓した牌)で和る。

9.4.1 天和 :155点

東家の14枚の配牌で和る。

(東家の暗槓で無効。)

9.4.2 地和 :155点

散家の13枚の配牌で聴牌し、東家の初めての捨牌で和る。

東家の暗槓で無効。

10.0 特殊和了形

「基本和了形」(4組の牌と雀頭の対子)以外の和了形。 特殊和了形の手に「門前清」は加算しない。

10.1 十三么九 :160点

「国士無双」とも呼ぶ。 十三種類の么九と字牌の中に1種類の対子と、他の12種類を一枚ずつで構成する手。

10.2 七対子 :30点

七つの対子で構成する手。

例:b2b2c6c6d1d1d7d7whitewhitewestwestnorthnorth

4枚同じの牌は槓しない限り二つの対子として扱える。

七対子は刻子、槓子、順子を条件とする役とは複合できない。 そういう条件のない役とは複合できる。