麻雀ルール要約

以下は大会の「麻雀ルール」の章の一部の要約で、 読者に初歩的に理解を与えるためのものであり、 公式のルールの全文ではない。 選手は試合の前に、必ず公式のルールの全文を細かくお読み下さい。

  1. 大会の日程や勝ち抜きシステムに関しては、別章の「競技システム及び日程」 を参照してください。一圈が4局で、「連荘」はなし。
  2. 136枚の麻雀牌を使い、「花牌」は使わない。手牌は13枚
  3. 「相手自主執行」の原則: 対戦相手の反則やマナー違反の行為に対して、不平や不満を感じたら、 その場で相手を指摘し、或いはジャッジに報告して良い。 一般的な軽い反則行為やマナー違反に対して、相手の指摘がなければ、 試合の公平性に支障が無いとジャッジが判断した場合、 原則としてジャッジは積極的に干渉しない。
  4. 捨牌を牌河で一列6枚で、順序に並ぶ。 横書きの文書のごとく、左から右に一列6枚ずつ置き、6枚置いたらそのすぐ下に次の列を作る。
  5. 鳴く(吃﹑碰﹑槓﹑和る)ときはちゃんと発声する。 発声しない者には優先権がなく、 相手はそのアクションを無視してプレイを続行してよい。 副露牌は自分の手の左上の方に置き、規定の一枚を横にする。
  6. 碰と槓においては、優先権を得るには早く鳴かなければならない。 選手は「吃」と鳴いて、少し間を開けてから明順公開或いは捨牌が済んだら、 他家の二人は碰、槓する機会を失う。
  7. 開槓﹕暗槓或いは「小明槓」(明刻に加槓すること)は自分の摸牌の後 (或いは東家の配牌直後、或いは嶺上牌を引いた後)に行うことができるが、 吃﹑碰の直後の槓はできない。 暗槓した牌は直ちに公開する。
  8. 一局の制限時間﹕一局でプレイヤーずつの総プレイ時間は3分間と制限される。 毎回の手番で15秒以内に捨牌する。配牌直後の15秒間はこれらの制限に入らない。
  9. 和了形
    1. 和了形は「基本和了形」と「特殊和了形」の二種類がある。
    2. 基本和了形﹕基本和了形の手は4組(順子﹑刻子或いは槓子) と雀頭の対子で構成される。
    3. 特殊和了形﹕特殊和了形は「得点計算法」の第10種類で記され、 「十三么九」と「七対子」の二通りある。
    4. 和るためには、手は「基本和了形」或いは「特殊和了形」のどれかに 合わなければならない。 「得点計算法」で記される役は、第10種類の特殊和了形を除いて、 役だけであり、和了形の定義ではない。 つまり、役の条件だけを満たしても、手は和了形に合わなければ、 和ることができない。(「錯和」になる。)
    5. 原則として、和了形さえ合えば和ることができる。 「得点計算法」には「同巡内免責規定」というルールがあるが、 それ以外の「フリテン」、「選択和了」、「食い直し」などの禁則は一切ない。
  10. 得点計算
    1. 手の得点は別章の「麻雀得点計算法」に従って行う。
    2. 各選手には「手役一覧カード」(付録甲)が配られ、 対局中や得点計算の時に参照して良い。
    3. 翻縛りなし﹕翻縛りは無く、「役なしの和り」は認めることにする。 そのような手は1点の和りとする。 ただし、役の点数は少なくても5~10点、主要役だと30~40点以上という相場なので、 この1点とは形だけの点数で、ほぼゼロと変わらないことを念頭において下さい。
    4. 得点計算は自己責任﹕得点の計算は和了者の責任である。 和了者は他家やジャッジの助けを求めることは許されるが、 ジャッジおよび他のプレイヤーに責任は及ばない。
    5. 選手は和ったら、手役とその合計点数を申告する。(「得点授受法」により3倍するの点数を申告する。)
    6. 手役の点数を算出したら、ジャッジを呼んで、「成績記録カード」に記入させる。 もし選手が記入の仕方が分かったら、四家の合意で中の一人を指定して自力で記入して良い。 一局の得点が正確に記入されることを確認してから、 次の局を始めること。 ハーフ(またはクォーター)が終わったら、 四人は総計点数が正確に算出されることを良く確認してから、 成績記録カードの指定された枠でサインする。
    7. 自由数和﹕手が複数の排列で和了形を成せる場合、 和了者は自由に最も有利な排列を選んで、その排列によって得点を計算することができる。 一つの手は一つの排列でしか計算することができず、 異なる排列の役を複合することができない。 (例えば「一色三同順」と「三連刻」を複合することはできず、 または「兩般高」と「七対子」を複合することもできない。)
    8. 各家の門風は親の流れにのみ従い、開門のサイコロに左右されることは無い。
  11. 王牌と海底牌
    1. 王牌﹕牌山の最後の14枚は「王牌」とし、使わない。
    2. 海底牌﹕14枚の王牌の前の、牌山の最後の一枚は「海底牌」と呼ぶ。 海底牌を自摸った人は槓ができなく、和る場合以外は捨牌をしなければならない。 その捨牌は「河底牌」と呼ぶ。
    3. 河底牌﹕河底牌は吃﹑碰﹑槓できなく、ロン和のみできる。
    4. 流局﹕河底牌で和られなかったら、この局は「流局」となる。 勝負は引き分けで、点数の授受はない。流局でも連荘はしない。
  12. 罰牌
    1. 選手が自分の手牌を不正に晒した場合、その晒した牌は卓面に残り、「生罰牌」となる。
    2. 生罰牌を自分の現在または次の捨牌の機会で捨てることができる。 一旦別の牌(他の「生罰牌」を含む)を捨てたら、生罰牌は「死罰牌」になり、 それ以降に捨てることはできない。
    3. 罰牌(生死とも)は(ロン和のときを含む)明順﹑明刻﹑明槓(大小とも)を 構成することはできなく、「単騎待ち」のロン和で「明」の雀頭を構成することもできない。
    4. 配牌及び理牌の時に自分の牌を不意に晒した場合、一枚までは罰を免れられる。 二枚以上を晒した場合、一枚だけ手に戻すことが許され、残りは(生)罰牌となる。
    5. 錯和﹕「錯和」は基本的に全ての手牌の不正露出として扱い、 対局は続行し、満貫減点などにはならない。