麻雀について

麻雀は中国で生まれたゲームです。基本的には4人で麻雀卓を囲ってプレーします。(3人でプレーするルールも韓国や日本にはあります)麻雀はアジアの特に東南アジアの地域で人気があり、様々なルールで楽しまれています。最近では欧米でも人気が出始めています。麻雀は戦略やスキル、そして点数計算等を駆使して運の要素を少なくするゲームです。(運もある程度関係するゲーム)

麻雀は144枚の牌を使ってプレーします。麻雀牌には基本的に中国語の文字や記号が書かれていますが、地域によっては独自の数字を使うところもあります。一般的には各プレーヤーが13枚の牌をとり、役(定められた牌の組み合わせ)が完成するように、順番に新しい牌を一枚手に入れて(ツモ)は捨てる行為を14回繰り返します。牌の取り方や、他のプレーヤーが捨てた牌を得る方法や組み合わせ方には一定のルールがあります。例えば数字が書いている「数牌」を順番になるように集めたり、同じ記号(例えば三元牌や風牌)の牌を3枚集めたりする事です。しかし、各地域で独自のルールや点数計算が使われており、勝利するために必要な牌の組み合わせも様々です。